このストアでは、一部の機能が正しく機能するためにJavaScriptを有効にする必要があります。

🎉BLACK FRIDAY 11/24-11/30🎉 2点で660円OFF

🎉BLACK FRIDAY 11/24-11/30🎉2点で660円OFF

保育園で使うハンカチの選び方!持たせ方の方法やお名前つけについて解説

保育園で使うハンカチの選び方!持たせ方の方法やお名前つけについて解説

保育園では毎日の荷物と一緒にハンカチを持参するように指示されることがあります。

 

  • どんなハンカチを選べばいいのだろう
  • 普段の持たせ方は?
  • お名前つけの方法を知りたい

持っていくハンカチは、子どもにとって使いやすいものを選びたいですよね。

また、服装によってハンカチを入れておく場所に悩んでしまいませんか?

ズボンにポケットがない場合の対処法もありますよ!


この記事では保育園へ持参するハンカチの選び方や持たせ方、お名前つけの方法について解説します。


ナマエノアトリエのお名前シールもハンカチのお名前つけに使えます。

あわせてご紹介するのでご覧ください。

 

なぜ保育園でハンカチを持参する必要があるのか


 

保育園へハンカチを持参する理由は以下のとおりです。

 

感染症対策として

あらかじめ園側が手拭き用のタオルを用意してくれている場合があります。

しかし、保育園ではさまざまな感染症が流行するため、感染症の観点から共有のタオルを利用することに対して、不安を感じるママも多いのです。


そのような声により、共有のタオルを廃止し、感染症対策や衛生面から個人でハンカチを持参してもらう園もあるようです。


服で拭いてしまうのを防ぐため

子どもは手を洗った後、服で拭いてしまうことがありますよね。

服が濡れてしまい、びちょびちょになることも・・・。


ここでハンカチがあれば、すぐに手が拭けるので便利です。

手を洗ったらハンカチで拭く習慣が身につけられるので、外出先でも役立ちますよ。


身だしなみとして持つ練習

ハンカチやティッシュはこれから大きくなるにつれて、身だしなみの1つとして携帯します。


小さいうちから持たせておくと、ハンカチとティッシュはお出かけの時に持っておくものと自然に認識できるようになります。


保育園に持っていくハンカチの選び方

子どもが保育園に持っていくハンカチの選び方のポイントは以下のとおりです。


  • 水分を拭き取りやすい素材を選ぶ
  • 使いやすいサイズを選ぶ
  • ループ付きを選ぶ


水分を拭き取りやすい素材を選ぶ

水分を拭き取りやすい素材を選びましょう。

素材はタオルやガーゼがおすすめです。


肌触りがよく、しっかりと水分を吸収してくれるのが特徴です。

タオルはかさばりやすいので、ポケットが小さい場合はガーゼのハンカチがしまいやすいですよ。


使いやすいサイズを選ぶ

子どもにとって使いやすく、しまいやすいサイズのものを選びましょう。

子ども用の小さいサイズのものでもよいですし、最近ではハーフサイズのハンカチをよく見かけます。


ハーフサイズは、通常の正方形のハンカチを半分にしたもので、かさばらずコンパクトにしまえるため使い勝手がよいアイテムです。


ループ付きを選ぶ

ループ付きとは、ハンカチの角に輪っかがついているものです。


ハンカチをかける用のフックを用意してくれている園もあるので、この場合だとループ付きが便利です。


【保育園】ハンカチの持たせ方は?

保育園でのハンカチの持たせ方を紹介します。

ハンカチの持たせ方に関しては、園の方針があると思うので確認したうえで参考にしてください。


  • カバンに入れていく
  • ズボンのポケットにしまう
  • 移動ポケットを使う

カバンに入れていく

登園バックで通園する場合、カバンに持ち物を全て入れてきてくださいと指示されることもあります。


カバンは荷物がしっかり入るように余裕があるため、持ち運びはしやすいです。

しかし、カバンから出して使うため、子どもによってはめんどくさいと感じてしまうこともあるでしょう。


ズボンのポケットにしまう

はいていくズボンのポケットにしまいます。

ポケットが大きい場合は入りやすいですが、小さい場合はうまくはいらないかもしれません。


対策として、折り畳みやすいガーゼやハーフサイズのハンカチを選ぶとよいです。

 

移動ポケットを使う

ズボンにポケットがない場合やポケットが小さすぎる場合に使えるのが「移動ポケット」


移動ポケットとは、クリップで装着する外付けポケットです。

スカートにも使えるため、女の子ママにも便利なアイテム。


デメリットとして、サイズ感が大きいため煩わしいと感じてしまうこともあります。


また園によって、移動ポケット推奨の場合と禁止されている場合もあるので、確認してくださいね。



保育園で使うハンカチのお名前つけの方法

保育園で使うハンカチのお名前つけ方法は以下のとおりです。


油性ペンでタグに書く

油性ペンを使い、タグの部分に名前を記入します。


あらかじめお名前を書くスペースが設けられていたら便利ですが、ない場合は書きづらいと感じてしまうかもしれません。

 

お名前スタンプ

油性インクのお名前スタンプを押す方法です。

ガーゼや布は相性がよく、綺麗に押せます。

しかし、タオルはごわごわしているため、うまくお名前がつかないことがあります。


素材次第では便利な方法です。

 

すでに名前が刺繍されているハンカチを購入する

すでに名前が刺繍されているハンカチを購入します。

お名前つけの手間もなく、見栄えも綺麗です。


普通にハンカチを購入するよりコストがかかるので、ご予算に応じて対応してくださいね。

お名前シール

お名前シールを活用する方法です。


布にはアイロンシールを使い、他の素材にはタグに貼り付けられるお名前シールを使うと簡単にお名前つけができますよ。

 

ハンカチへのお名前つけにも「ナマエノアトリエ」

ナマエノアトリエのお名前シールもおすすめ!


ハンカチのタグにつけるなら、「洋服タグ用」

ガーゼや布のハンカチなら、「アイロン用」が使えます。


粘着力もしっかりしているので、安心してご利用いただけます。

自分だけのかわいいお名前シールをお楽しみください。



まとめ

保育園へ持っていくハンカチについてご紹介しました。


ハンカチの持参ルールや移動ポケットの使用は園の方針によっても異なるので、確認してくださいね。


ナマエノアトリエのお名前シールはハンカチだけではなくさまざまなお名前つけに活躍します!

ぜひご覧ください。